「プロミスの審査に通過したい」
「今日中にどうしてもキャッシングがしたい」

もしあなたがそんなことを思っているのであれば、まずはプロミスの審査基準を知ることがとても大切です。

三井住友銀行グループのプロミスなら、大手カードローンなので審査基準も明確で安心。

だからこそ、プロミスの審査基準さえ知っておけば、あなたも審査対策をしたうえでプロミスを申し込むことができるんです。

そんなプロミスですが、審査項目を分けると大きく7つに分けることができます。

プロミスの主な審査基準

1.勤務先
2.年収
3.雇用形態
4.勤務年数
5.健康保険証
6.他社借入金額
7.借入希望額

実はプロミスの場合、これらの7つの項目を総合的に判断した上で融資の判断をしているんです。

中でも、一番大切なのは、

画像
・安定した収入が十分あるのか?
・カード類の返済で滞納がないか?

この点に大きな問題がなければ、パートやアルバイト収入の主婦や学生もプロミスの審査に通る可能性はとても高いです。

またもしあなたが会社に勤める正社員であれば、カード類の返済等に大きな問題がないかぎり即日キャッシングできるかと思います。

まずはプロミスの3秒診断を利用して、あなたが今すぐキャッシング可能かどうかを調べてみましょう!

きっとプロミスならあなたの心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

>>プロミスの3秒診断はこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!↑

 

あなたがプロミスの審査に通るためには?

もしあなたが本当にプロミスの審査に通りたいのであれば、さっき紹介した7つの審査項目をクリアする必要があります。

そこで、あなたがどこまでのラインをクリアすれば、プロミスの審査に通過することができるのかをまとめました。

プロミスでキャッシングするためには、とても重要な審査項目なので、面倒臭がらずしっかりとチェックして下さいね!

 

1.勤務先は実はどこでもOK?

プロミスの審査の場合、勤務先が原因で審査に落ちることはあまりありません。

あくまでこれは、あなたが本当に働いているのかを確認するための項目なので、嘘をつかず正直に申告するようにしましょう。

また勤務先住所は、本店住所ではなく勤務先の店舗や出向先の住所を書くのが基本です。

あなたが勤めていない住所を書いてしまうと、いたずらと判断されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

2.年収は額面の金額を申告すること

プロミスの審査において「年収」という項目はとても大事です。

と言うのも、プロミスは総量規制のカードローンなので、あなたの年収の3分の1以上のお金は借りることができないからです。

ちなみに、この年収の項目では手取り年収ではなく、天引き前の額面年収で申告するのがベスト。

プロミスの審査に通過する可能性を少しでも高めるためにも、しっかりと年収をアピールしていきましょう。

 

3.雇用形態はパートやアルバイトでもOK!

プロミスの場合、十分な安定収入があればパートやアルバイトの人でも大丈夫です。

一般的に銀行カードローンでは主婦や学生は厳しいですが、プロミスならキャッシングできる可能性は十分あります。

ちなみに、雇用形態での審査評価は以下の通りです。

1.正社員・公務員

2.契約社員・派遣社員

3.パート・アルバイト

基本的にはこういった順番で審査での評価がされがちです。

ただ、実際のところ、安定した収入があればちゃんとキャッシング審査に通過することはできます。

あくまでプロミスは総合的な判断でキャッシング審査を進めているので、雇用形態はそこまで気にする必要はありませんよ。

 

4.勤務年数は長ければ長いほど有利!

プロミスに限らず、全てのカードローン審査では勤務年数が長ければ長いほど有利になりやすいです。

と言うのも、ローン関連の審査では「収入面」だけでなく「返済能力」も重要視しているから。

つまり、プロミスは最後まで返済を続けらそうな人にお金を貸したいということです。

画像

目安として、勤務年数が1年以上あれば審査でも安全ラインをクリアしていると言えます。

 

ちなみに勤務期間が1年未満の場合でも、一時的に限度額が低くなりますが、キャッシングできる場合もあります。

ただ、あなたが転職や独立を考えている場合には、先にプロミスの審査を申し込んでおくことをおすすめします。

ローン関係の審査は申込時の情報で判断されるので、条件が良いうちに審査に通っておくのも一つの方法ですよ。

 

5.健康保険証は社会保険証が一番!

実は健康保険証の種類もプロミスの審査では大切な審査項目の一つとして扱われています。

一般的に言われている事として、カードローン審査では「1.社会保険証」「2.組合保険証」「3.国民健康保険証」「4.保険証なし」の順番で審査の評価がされていると言われています。

画像

カードローン審査でこんな優先順位が付いているのは、

社会保険証を発行できる会社は資金的体力もあると判断されやすく、あなたが長く働き続けやすい環境で勤務をしていることの証明につながるからです。

もちろん組合保険証や国民健康保険でも問題ありません。

健康保険証を持っていること自体が、毎月の保険料を払えるくらいには収入があることの証明になるので、手元にある場合にはしっかりと提出しましょう!

 

6.他社借入金額は「住宅ローン以外を申告」する

「他社借入金額」と言うのは、住宅ローンや自動車ローンなどの「担保保証がないキャッシング」のことです。

具体的には

・他社カードローン
・クレジットカードのキャッシング枠
・クレジットカードのリボ残高
・携帯電話の分割代金
・家具や家電の分割残高
・免許合宿の分割ローン
・ブライダルローン など

これらの合計金額が「他社借入金額」として申告する必要があります。

この他社借入金額の合計が年収の3分の1以上を超えていなければ、プロミスの審査にとおる可能性はとても高いと言えます。(詳しくは「総量規制」で調べてみて下さい)

ちなみに、この他社借入金額で嘘をついても信用情報機関と呼ばれるところで情報確認がされるので、嘘はすぐにバレてしまいます。

なので、審査の時はなるべく正直に申告するようにして下さいね。

 

7.借入希望額

プロミスで審査対策を一番やりやすいのが「借入希望額」の項目です。

この借入希望額はできる限り低い金額で審査を申し込むのがとてもおすすめ!

と言うのも、プロミスの場合、初回審査は厳しく見られる傾向にあるので、いきなり高額な限度額を希望しても審査に落ちる原因につながるからです。

 

理想としては、プロミスの審査を申し込むときは10万円~20万円くらいのすぐに返済できる金額で審査を申し込みましょう!

プロミスなら後からいつでも増額審査で限度額を増やすことができるので安心。

まずは初回審査に通るためにも、限度額は10万円くらいに抑えて審査を申し込んで下さいね!

 

プロミスの審査で一番大事なのは返済能力!

ここまで長々とプロミスの審査項目について解説してきました。

最後に、プロミスの審査項目についてまとめると以下のようになります。

1.勤務先は実はどこでもOK!
⇒勤務先が原因で審査に落ちることはまずない。

2.年収は額面の金額を申告すること
⇒手取り年収ではなく、額面年収で申告。

3.雇用形態はパートやアルバイトでもOK!
十分な安定収入があれば大丈夫。

4.勤務年数は長ければ長いほど有利!
⇒目安は1年以上。

5.健康保険証は社会保険証が一番!
⇒組合保険証や国民健康保険でも問題ありません。

6.他社借入は住宅ローン以外を申告
⇒嘘をついてもすぐにバレてしまいます。

7.借入希望額
⇒限度額を10万円にして、後で増額審査。

実はプロミスの審査では、これらの項目を総合的に判断して、キャッシングの可否が決まっています。

中でもプロミスはあなたに返済能力がちゃんとあるかを真剣に判断してきます。

なので、審査を申し込む時は「必ず返す意思があること」をアピールしていくことが意外と効果的です。

ぜひ試してみて下さいね!

 

プロミスなら最短30分で審査が完了し、借りた日から30日間は無利息キャッシングができるのでとてもお得。

今ならお試し診断ですぐに審査結果を調べることができるので、審査に不安であればさっそく調べてみて下さい。

三井住友銀行グループのプロミスなら、きっとあなたの心強い味方になってくれますよ!

>>プロミスのお試し診断はこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!↑