プロミスの審査では在籍確認は必ず行われます

プロミスの審査では在籍確認は必ず行われます。
これは避けては通れないものです。

在籍確認を行わないと職業が特定できないためです。

職業が特定できないと継続的に安定した収入が得られているかどうかも判断できず、審査に通らなくなってしまいます。

たった数分で終わる在籍確認ですが審査でのウェートはかなり大きいのです。

ですから在籍確認はきっちりとこなす必要があります。

通常、在籍確認は、審査の最終段階で行われます。

収入面や信用面での審査が終わり、後は在籍確認を残すのみとなってから行われます。

ですから、在籍確認が行われるということはほぼ審査に通っているということになります。

ですから、在籍確認というのは馬鹿にならないのです。

もし在籍確認が上手くできないと、せっかく審査に通りそうなものをみすみす逃してしまうことになりかねません。

プロミスでは在籍確認の電話は個人名で掛けてくれます

在籍確認というのは通常は電話で行われます。
申告した勤務先に電話がかかってきます。

本人が電話に対応できればその時点で在籍確認は終わります。

万が一電話に出られなかったとしても、他の誰かが対応し、その会社に在籍している確認が取れればそこで在籍確認は終了です。

必ず本人が対応しなければならないというものではありません。

そして、在籍確認の電話というのは、個人名で掛けてきます。
もしも会社名を名乗ってしまうと、周囲の人にカードローンの在籍確認だとわかってしまいますので、わかりにくくするように個人名にするのです。

ただ、職場に個人名で若い女性から電話があるとあらぬ疑いをかけられてしまうこともあります。
ですから、在籍確認の電話を男性からとお願いをしておけば男性からかかってきます。

女性の方の場合は、女性が対応してくれます。

ですから、在籍確認の電話が職場にかかってきても何も心配することはありません。

プロミスの審査で在籍確認から融資が完了するまでの流れ!

プロミスでの審査の流れはおおむね以下のようになっています。

審査申し込み
本人確認
仮審査
在籍確認
審査完了

となります。
この中で自分がかかわるのは本人確認在籍確認です。

ではこれらについての詳細を説明していきましょう。

1.WEB上で審査を申し込みます

まず最初に行うのは審査の申し込みです。

最も手軽に審査に申し込めるのはWEBでの申し込みです。

ホームページ上にWEB完結での申し込みの案内がありますので、そちらから手続きをすることになります。

用意しておくものは、身分証明書(運転免許証やパスポート)、収入証明書(源泉徴収票、確定申告書の控え、課税証明書など)になります。

身分証明書はできるだけ写真付きのものを用意しましょう。

また、収入証明書には給与明細も使えますが、給与明細の12ヶ月分よりも年収の方が多いはずですので、年収ががわかるものの方が良いでしょう。

限度額に差が出てきます。

2.審査申込後、本人確認の電話がかかります

審査に申し込み、審査が開始されるとすぐに本人確認の電話がかかってきます。

身分証明書の本人が審査に申し込んだのかを確認するためです。

ときになりすまし詐欺などがあるため、プロミス側がリスクを減らすために行っている措置です。

また、これは利用者側にとっても詐欺にあわないための対策になりますので、審査に申し込んだら電話口で連絡を待ちましょう。

もしも心当たりがないという場合はなりすまし詐欺の可能性がありますので、心当たりがないことをきちんと告げましょう。

自分自身を防御することになります。

3.勤務先への在籍確認の電話がかかります

本人確認が終わると、仮審査に入ります。

仮審査と言いながらほとんどの判断が仮審査で行われます。

収入証明書から、年収を割り出し、限度額が年収の1/3を超えていないかを確認したり、信用情報の照会をしたりします。

そしてこれらの手続きが終わり、問題がなければ在籍確認に移行します。

在籍確認は申告した勤務先への電話によって行われます。
在籍確認はものの数分で終わるものです。

本人が電話口に出られればその時点で確認は終了です。

もし本人が電話に出られなくて、他人が出た場合でも、その会社に在籍している確証が取れればそれで終わります。

非常にあっけないものです。

そして在籍確認が完了すれば本審査も完了となります。

4.在籍確認終了後、キャッシングが可能に!

在籍確認が取れれば本審査も終わり審査結果の連絡を待つだけです。

電話で連絡がある場合もあれば、WEB申し込みならe-mailで連絡が来ることもあります。

そして審査に通ったとなれば、晴れてお金を借りることができます。

WEB完結で審査に申し込んだ場合は、カードレスの取引になりますので、その場から融資を受けられるようになります。

電話で申し込まれた方はローンカードを受取ってから初めてお金を借りられるようになりますので、審査後すぐにカードを受け取れるよう、自動契約機でのカード受け取りを選択しておくと良いでしょう。

カードを入手できればその場から利用開始できます。

もしもプロミスの審査で在籍確認の電話が嫌なときは?

カードローンの審査で在籍確認は避けて通れないものだと説明しました。

また基本は電話での対応だということもお伝えしました。

しかしながら職場に電話がかかってくることが嫌な場合もあると思います。

そんなときはどうすればいいのでしょうか?

プロミスの場合、在籍確認の方法を相談することができます。

何も言わなければ自動的に電話による対応になりますが、申し出をすれば書類による代替審査に切り替えることもできます。

どうしても電話が嫌であれば、審査申し込み時にそのように相談してください。

プロミスは新規顧客の獲得に非常に熱心ですので、柔軟に対応してくれます。

そして書類による代替審査には追加で書類提出が必要になります。

社会保険証や会社の健康保険組合が発行する健康保険証などが必要書類に該当します。

何らかの方法で申告した会社に在籍している確証が取れれば、在籍確認は終わります。

三井住友銀行グループのモビットのWEB完結申込なら電話確認なしに!

ここまではプロミスを例に審査の流れなどについて説明してきました。

プロミスの場合は方法がどうかは別として在籍確認は必ず行われるということは理解していただけたと思います。

他の消費者金融系のカードローンでも大体同じ対応になります。

銀行系の場合は電話以外の方法は選択できません。

私が知っている限りでは、1社だけ、最初から電話による在籍確認が不要な金融業者があります。

それは三井住友銀行のグループ会社であるモビットです。

プロミスも三井住友銀行系列なのですが、プロミストモビットの大きな違いは在籍確認の電話の有無です。

モビットであれば、勤務先への電話は一切ありませんので、会社の人にお金を借りることを知られたくないのであれば、モビットの方がより安全です。

ただし、在籍確認の電話の有無だけで金融業者を選ぶことはせずに、比較検討するための一つの材料と考えておいてください。

カードローンというのは各社様々なサービスがありますので、おかれた環境によってどれがベストなのかは変わってきます。

ですから様々な点で比較することをお薦めします。

これまでの説明に出てきたプロミストモビットのホームページはこちらです。

それぞれの特徴を比較してみてください。