プロミスなら年収100万円でも審査に通ります!

プロミスであれば、たたえ年収が100万円でも審査に通ることは可能です。

審査基準さえきちんと満たしていれば、審査に通ることができます。

そのためには、まず、プロミスの審査基準を知らないといけません。

プロミスの審査基準は次の通りになります。

継続して安定した収入があること
過去に返済事故の履歴がないこと
借入限度額が年収の1/3以下であること

たった3つですので、きちんと覚えておいてくださいね!

個の審査基準を見るとわかると思いますが、年収が影響するのは、借入限度額だけで、他の項目には一切関係がないことがわかると思います。

限度額は小さくなるけれどプロミスならアルバイトも通ります!

年収が少ない場合、影響するのは借入限度額だけです。

これは、貸金業法の総量規制という項目で、借入限度額が年収の1/3を超えないことというのが規定されているためなのです。

ですから、借入限度額を年収の1/3以下にしておけば審査基準はクリアできるのです。

アルバイトやパートで収入が少ないからといって審査に落ちることはなく、身の丈に合った借金であれば、借りることができるのです。

ですから、収入が少ないことで悩む必要はありません。

他の審査基準をクリアできているのであれば、きちんと審査に通ることはできますので、あきらめないでくださいね!

あなたがプロミスの審査に通るために必要な3つの対策!

プロミスの審査を申し込んで、審査にパスするためには、まずはプロミスの審査基準を知らなくてはなりません。

前述していますがもう一度おさらいしておきましょう。

審査基準は次の通りです。

継続して安定した収入があること
過去に返済事故の履歴がないこと
借入限度額が年収の1/3以下であること

この3つの条件さえ満たしていれば、審査に通ることができます。

それでは、この3つの条件について、もう少し詳しく説明していきましょう。

 

月のバイト収入が8万円以上ある

まず最初の、「継続して安定した収入がある」についてですが、この項目自体には収入の縛りはありません。

たとえアルバイトやパートで収入が少なくても、毎月決まった額以上の収入を得られていれば何も問題になることはありません。

アナタが親や配偶者の税扶養になっていて、収入に制限がある場合は、年収100万円程度で抑えていることでしょう。

そうすると月々の稼ぎは8万円強ということになります。

この毎月8万円というのが結構重要なのです。

毎月必ず8万円の収入が得られているのであれば、それは、継続して安定的に収入を得ているということになりますので、一つ目の審査基準はパスできるのです。

毎月の収入があまりに不安定ですと、審査に落ちる可能性もありますが、毎月安定しているのであれば何も問題はありません。

2.カード類の支払いで滞納がない

次に返済事故の履歴についてです。

これは言い換えればブラックリストに載っていないことになります。

ブラックリストに載ってしまう返済事故とは、おおむね下記に当てはまります。

クレジットカードやカードローンで滞納がある
代理弁済を行ったことがある
債務整理や自己破産の手続きを行ったことがある
カード類の強制解約をされたことがある

これらに該当するような過去がないのであれば、審査の際に問題になることはありません。

個の記事を読まれる方は、初めてカードローンをご利用される方が多いと思いますので、基本的には問題ないはずです。

ただし、ここで気を付けておかなければならないのは、返済事故の対象がカードローンだけではないという点です。クレジットカードの返済履歴も対象になりますので、ご注意ください。

ブラックリストに一度載ってしまうと、最低5年間はその履歴が消えません

ですから、もし過去にクレジットカードで返済事故を起こしてしまっていたら、その発生日から5年経過するのを待ってから審査に申し込むようにしてください。

3.限度額を控えめにする

最後に借入限度額についてです。

消費者金融の場合、貸金業法という法律に則って営業をしています。

この貸金業法の中には総量規制という項目があります。

総量規制というのは、消費者が多重債務に陥らないために、法的に措置をしたもので、年収の1/3以上は借りることができないように定めたものです。

ですから、消費者金融からお金を借りる際には、必ず借入限度額を年収の1/3以下にしてください。

この少量規制は1社ごとに定められたものではなく、総借入額に対して適用されます。

ですから、他社からの借り入れがある場合には、その総借入額を差し引いた金額で限度額を設定する必要があります。

もし確実に審査に通りたいというのであれば、総量規制ぎりぎりの金額で申請するのではなく、できる限り限度額は低く抑えてください。

プロミスの場合、借入限度額が50万円以内であれば、収入証明が不要になります。

審査基準の一つ目を何もせずともクリアできてしまうのですよ!

ですから、借入限度額は極力低く抑えた方が審査上有利です。

バイト先への在籍確認の電話が嫌な時、まずはプロミスに相談!

審査基準をすべてクリアした後は、在籍確認という手続きが待っています。

これは、申告した勤務先に直接電話をして、申し込んだ人がその会社に在籍していることを確認する行為です。

在籍確認は、基本的にすべて電話で行われます。

ここで、基本的にといったからには、例外はあるということです。

一部の消費者金融では、この在籍確認を電話ではなく書類確認で代用してくれるところがあります。

プロミスでは、アルバイト先に在籍確認の電話をかけられたくない場合には、相談すれば書類による代用審査をしてくれる場合があります。

あくまでも相談すればということになりますので、アルバイト先に電話をかけられたくない場合には、審査申し込み時に確実に伝えて、相談してください。

プロミスなら限度額や在籍確認の相談も気軽に行えます!

プロミスの場合、在籍確認方法だけでなく、様々な相談に乗ってくれます。

プロミスでは事業拡大のため新規顧客の獲得に非常に積極的です。

ですから、様々な相談にも親身になって対応してくれます。

在籍確認方法以外には、他社からの借り換えやおまとめローンについて、借入限度額の設定についてや返済方法についてなども相談できます。

ですから、お金を借りた後でも、相談に乗ってくれるのです。そう聞くととても安心ですよね?

ですから、プロミスをお薦めするのです。

プロミスなら審査時間は最短30分、しかも即日融資可能です。

プロミス

初めて借入れた場合には30日間無利息というキャンペーンも行っています。

プロミスにはお得サービスがいっぱいあります。どんなサービスがあるのかは、プロミスのホームページをご覧ください。

プロミスのホームページはこちらです。